あごニキビができる原因とは?

いつもいつもアゴにばかりニキビができやすいのはなぜなんでしょう?

 

その原因は3つあります。

 

 お肌のターンオーバーの乱れや低下

 

ストレスが多い方やホルモンバランスが乱れている方、加齢などによってお肌のターンオーバーが乱れてくると、古くなった角質が毛穴に詰まり、ニキビができやすくなります。

 

また、ターンオーバーが低下してくると、お肌が本来持っているバリア機能も低下してしまい、お肌が乾燥してしまいます。

 

それらの原因によって、角質が厚くて堅くなってしまい、ニキビが繰り返しできやすくなってしまうのです。

 

 

 アゴやフェイスラインの乾燥

 

アゴやフェイスラインは、Tゾーンと比較すると汗腺の量も少ないため汗をかきにくく、乾燥しやすい場所なのです。

 

また、お肌が乾燥すると、肌の内側が「インナードライ」の肌状態となり、必要な皮脂の量よりも過剰に皮脂を分泌してしまうので、ニキビ肌の原因となります。

 

 

 アゴやフェイスラインの毛穴の詰まり

 

あごやフェイスラインはTゾーンと比較すると、元々毛穴が小さくて皮脂が詰まりやすくなっています。

 

そして、毛穴に皮脂が詰まってしまうと皮脂を外に押し出すことができなくなるので、アゴにきびの原因や悪化につながってくるのです。

 

 

このような3つの原因によって、何度も何度も繰り返しあごニキビができてしまうのです。

 

そこで、潤い成分と共に、お肌のターンオーバーを正常にして健康な肌サイクルにしてくれる働きのあるメルラインが効果的なんですよ。

 

 

>> トップページに戻る